カテゴリ| 注意ごと

偏光サングラスを扱う上での注意点

偏光サングラスを扱う上での注意点をまとめておきます。ぜひ参考にしてください。

・水の中で長時間つけたままにしておくと、偏光サングラスの仲に入っている偏光膜が剥離する原因なります

・急な温度変化は精密な偏光サングラスのひび割れなど原因になります。特に高温(60度以上)には注意してください。

・偏光サングラスをかけたままで、液晶画面を見るとゆがんで見えたり、暗く見えたりすることがあります。注意してください。

≪運転中の注意≫

偏光サングラスをかけたままの運転は十分に慣れてからにしてください。事故の原因にもなります。

フロントガラスに強化ガラスが使われている1987年以降の日本車には注意してください。ゆがんで見えることがあります。


≪お手入れするときの注意≫

・お湯で洗うことは絶対にダメです。

・砂ぼこりが付いたら、柔らかい布などで優しくふき取りましょう。

・レンズを洗浄するときは中性洗剤またはレンズクリーナーで洗いましょう。


以上、偏光サングラスを取り扱う上での注意点を述べました。偏光サングラスと上手につきあっていきましょう!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13829785
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。